Oyako-Sign GuuChokiPaa

News

最新情報はこちらでチェック!

グーチblog  グーチfacebook 

親子サイン グーチョキパーって?



グーチって呼んでね!


グーチは2005年から静岡県浜松市を中心に活動する親子サインの教室です。
・ベビーやキッズとのコミュニケーションをもっと豊かに!
・お互いの気持ちが伝われば親子の関係がもっとハッピーに!
を目指して活動し、おかげさまで、すでに350組以上の親子が卒業しています。


親子サイン グーチョキパーの特徴

1.聴覚障がいの子を持つ親が先生

娘と息子を手話を使って育てた経験を活かして、ママたちの気持ちに寄り添います。

2.日本の手話がベース

日本の手話(日常会話の簡単な手話)をサインとして使っているので、覚えたものがムダになりません。グーチをきっかけにして、お子さんやママやパパが手話にもっと興味を持った時は、そのまま継続して学ぶことができますし、実際、興味を持たれる方が結構いらっしゃいます。

3.障がいのある子も赤ちゃんもどんな子も

心を伝える言葉は声だけではなく、手話・ジェスチャーなど視覚的に伝える方法もあります。手話は聴覚障がい者のための言語と認識されていますが、言葉がなかなか話せない障がい(自閉症や知的障がいなどの発達障がい)のある子や赤ちゃんにとっても重要なコミュニケーションツールになるのです。手話を交えた歌や遊びを通して、楽しく親子のコミュニケーションを深めましょう!

4.長い期間でサポート

グーチを卒業しても「親子のコミュニケーション」に終わりはありません。年齢が上がりより難しくなるお子さんとの関係に関する相談も受け付けますし、イベントで他の親子さんと交流する機会も企画しています。



開催クラス

個別クラス

ひとりひとりの成長や障がいに合わせた個別対応のクラス ・対象:マンツーマン希望の方(大人のみもOK) ・頻度、場所、時間:個別に相談(出来る限りご要望にお応えします) ・1レッスン60分 ・会費:2,000円/回

グループクラス

気軽にサインと触れ合える少人数グループのクラス ・対象:親子やおともだちとのサイン遊びやサインのうたで楽しい時間を過ごしたい方 ・頻度:月2回 ・場所:浜松市中区 ・時間:金曜AM10:00-11:00(中区) ・会費:1,500円/回


兄弟姉妹の参加についてはお問い合わせください。
お休みになる場合、連絡時期によりキャンセル代がかかるケースがあります。
 10日より前→かかりません
 10~4日前→300円
 3日前~当日→会費全額となってしまいます…。
 振替もできますので、ご希望の方はご相談ください♪

Q and A

聴覚障がいや発達障がいのあるお子さんにも本当にサインは有効?

 生まれつき聴覚障がいのある娘は、サイン(手話)のおかげで自分が自由に使える言語を身につける事ができました。また、発達支援が必要だと思われるお子さんの中には音声によるコミュニケーションより、目でみて会話するサイン(手話)のコミュニケーションの方が理解しやすく自分からも表出しやすい場合も多いと言われています。
 実際、グーチの中でも、まったく音声で会話がなかった発達障がいのあるお子さんが、サイン(手話)を知ってから、いろいろなやりとりをママやパパとできるようになっているたくさんの例があります。

サインって何歳から始めればいいの?

 決まりはありませんが、声でのお話がうまくできない障がいのある子の場合は、気付いたときからなるべく早く始めることをオススメします。 赤ちゃんの場合は、ママを見てくれるようになったらサインの有効な時期であると言えます。グーチでの最年少デビュー記録は生後2ヶ月です。ある程度言葉で表現できるようになった幼児期のお子さんにも有効です。
 ちなみに、私の娘は聴覚障がいがあるとわかった1歳3ヶ月から少しずつジェスチャーを使いました。第二子である息子には0ヶ月からサインを見せていました(ちょっと早すぎ!?)。でも、ハイハイの頃にはサインの意味が理解できていましたし、生後10ヶ月頃からは息子の方からサインを出していました。

サインは、いつ頃、子どもから使うようになるの?

 個人差があるので、焦らずに楽しみにしていて下さい。ママがサインを始めても、お子さんが自分から意味がわかって使い始めるまでには時間がかかります。でも、それは無駄な時期ではなく、むしろ、お子さんが目で見て頭で覚えている大事なインプット時期なのです。早いからいいとか遅いから問題があるということは全くありません。最初はママの真似っこから始まります。真似ができたら、必ずママも褒めて喜んであげて下さいね。この繰り返しを続けていくうちに、意味と結びついていき、だんだんお子さんから自分の言いたいことに合ったサインを表すようになります。
 手の動きも、ひとりひとり違います。ママの真似をしているつもりでも、全然手の位置が違ったり、逆の動きになっていたり・・・それでもママがわかればそれでいいのです。お子さんからのサインは、絶対に直そうとはしないで、褒めてあげてください。成長するにつれて、ママと同じ動きに近づいていきます。

サインを使うと、話ことば(音声でのお話)が遅くなるのでは?

 いいえ、心配ありません。
 お子さんにママの声とサインの両方で話しかけてあげてください。すると、話ことば(音声でのお話)が遅れるどころか、逆に早い時期からたくさん言葉が出てくるという期待が持てます。乳児研究において「サインを使ってコミュニケーションした赤ちゃんは、他の赤ちゃんよりも早く話し始め、語彙力も優れ、その差は幼児になっても小学生になっても続く」と、報告されています。
 そんな不思議なことが本当にあるの?とお思いかもしれませんが、私も息子にサインを実践してみて、実際にその効果を感じる時があります。

参加者の声

グーチのおかげで息子と会話できるようになりました。発語がなく(声での)話はできなくても、手話を使い上手に気持ちを伝えてくれるようになりました。初めて私の作った料理を「好き」だと伝えてくれた時嬉しくて心が震えました。涙が出てきました。「”○○好き”と言ってくれて嬉しいよ」と伝えると、ニコニコ笑顔でギューとしてくれました。これが会話なんだなと改めて思いました。「手話という言葉」は何より今の私たちには大切なものです。(4歳 自閉症 / せいくんママ) 一番最初に気づいたサインは水族館に行った時。「魚」のサインをしていました。「お茶のみたい」「ノドがかわいた」のサインは夏にとても助かりました!言葉がしゃべれなくても、コミュニケーションが取れている感じが何とも言えず楽しく嬉しい時間です。(3歳と1歳 障がいなし / メロン) 覚えた手話を使って気持ちを伝えてくれるようになった。(9歳 自閉症・知的障がい / やまねこママ) 手話や身振りで遠く離れていても会話ができる!「おいしい」の手話を1番に使えるようになった。食べていると、よくほっぺをペンペン触っていた。(赤ちゃんの頃から現在もですが・・・w)(7歳 聴覚・発達〈LD・ADHD〉/ ぱんこ) 「かんしゃく」が減ってきた。「かんしゃく」を起こしても怒っている理由を伝えてくれるようになった。「我慢」のサインだけで、ピタリとおさまった時には、療育の先生方も驚いていた。いろいろなコミュニケーションの方法はあるけれど、娘に一番有効だったのは「サイン(手話)」でした。口から発するものだけが「言葉」ではないことを皆さんに知っていただけたらと思っている。自身の子供に何が有効かを見極めるための一つの手段として「サイン(手話)」はお勧めの方法!!(5歳 入会前は発語が遅く「かんしゃく」が多いと気になっていた / のんちゃんママ) 人の動きをよく見れるようになった。アナ雪のDVDなどを見ていると、身振りもシッカリ表情もマネしているのは、グーチ効果だと思う(笑)(3歳 と2歳 障がいなし / 年子ママ) グーチは個別にその子その子に合わせた内容でもやってくれることが入会の決め手。歌が大好きなのでその歌で色の手話など覚えてくれるようになった。どんどん手話の単語が増えてきた。(7歳 脳性まひ・感音性難聴 / しなママ) 口にあんまり出したくない言葉をサインで見たら楽しく感じる!(3歳 と1歳 障がいなし / K・R子のママ) 母親だけでなくいろいろな人の目を見る時間や、意味のわかる手話が増えた。まぐれでもなんとなくサインらしきものをする時間がある。(7歳 広汎性発達障がい / カイルママ) (難聴の弟は)今まで(声での)言葉で伝えてくれも、どうしても(親が)理解できなかったのですが、手話を覚えてからは(声での)言葉も増えてきました。ビックリしたのは(発達の遅れがある)兄に朝の支度をしてほしい時に、(弟が)自分で手話を使い「トイレに行くよ」「着替えるよ」と伝えていたこと!兄も少しずつ手話を覚えたいと思うようになりました。(7歳 発達の遅れ 5歳 伝音性難聴 / 2人兄弟のママ)

講師

畑 薫(はた かおる)

生まれつき耳が聞こえなかった長女の、音声にならない心の声を知りたくて、手話を勉強し始めました。
3歳下の聞こえる息子にも、生まれた時から手話と声と両方の言葉かけをしながら育てました。
家族みんなで、同じタイミングで話したり、冗談で笑い合ったりしたかったからです。

その結果、子育てで手話を使うと、赤ちゃんが聞こえる聞こえないに関係なく、声だけで言葉かけをするよりももっと早く、もっと深くコミュニケーションが可能になることを実感!

こんなに楽しく親子の絆を深める子育て法なら、もっとたくさんのママ達に知ってもらいたい!と思い、NPO法人「生活支援サイン」の認定講師になり、活動を始めました。

・NPO法人「生活支援サイン」認定講師
・一般財団法人しつもん財団「魔法の質問」キッズインストラクター、カードマスター
・家庭児童養育「ベビーシッター」技能取得
・手話奉仕員養成事業 基礎課程 修了
・資格試験指導センター 手話通訳士講座 修了